香港からでも取引可能

一昔前なら、株式投資、外貨投資など取引するときは、わざわざ足を運んで銀行や会社に行ったり、電話で取引したり、意外と面倒だったようにも思いますが…。

便利な世の中になりましたよね。
インターネットが普及した今、インターネットでも取引できるようになったのです。
香港にいようがどこにいようが、関係なくなってしまったのです。

ただ、実際、インターネットで取引するのと、対面で取引するのは、どちらがいいのでしょうか?

FX業者は、百十数社あります。これらがそれぞれのサービスで競い合っています。

その中でも、やはり目をつけたいのが手数料。

FXは、他の外貨投資に比べ、手数料が安いので頻繁に取引する投資かも多いでしょう。

実はこの背景には、業者がコストを意識した経営を築いていることや、技術の発達などが理由としてあげられます。その代表となるのがインターネットです。

インターネットを利用することで、顧客の注文を市場に伝える基幹部分の面で余計なコストがかからず、最低限の費用で取引を運用することができるようになりました。

その一方で、対面取引を行っているFX業者も少なくありません。

対面取引とは、FX業者の担当者が、顧客と直接、会話によって注文を受けるということです。

担当者が顧客のところに出向くパターンもありますが、最近は電話でのやり取りが多いようです。

インターネット取引のほうが良い?
インターネットのFX取引は、基本的に投資の判断は、投資家自身が一人で行います。

それに対し、対面取引は、担当者が注文の取次ぎだけでなく、取引に関するアドバイスをしてくれることもあります。

取引に慣れていない人にとっては、対面取引のほうがいいのかもしれませんが、人(担当者)を通じて注文処理をするので、その分コストがかかってきてしまいます。

そのため、対面取引の手数料は、インターネット取引に比べて高く設定されています。

また、インターネット取引と対面取引の違いとして、インターネットは24時間取引可能ですが、対面は、夜中の注文は取り次いでくれないこともあります。

と言うことは、市場の大きな変化にも対応しにくく、チャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

今では、インターネットも対面も併用できるFX業者も多くあり、逆に、対面取引のみの業者は少ないようです。

低コストで、誰でも取引できるのは、24時間いつでもどこからでも取引可能なインターネットがお勧めです。
[PR]

by dakarahk | 2011-09-27 00:42 | 日記

香港への旅行者数

日本から香港への旅行者数は、毎月10万人以上なのですが、やはり3月の大震災の影響で、前年比2桁落ちしていたそうなのです。
ですが、夏になってようやくと減少幅が落ち着いてきています。
まだ、前年に比べて少ない状態とのことなので、余談は許しませんが、とりあえずは良かったのではないでしょうか。

香港というと、おそらく多くがビジネス目的ではないかと思います。
世界の金融街の一つですし、投資ファンドを香港で立ち上げる方も多いです。
ところで、香港で投資ファンドを立ち上げる人って、どうやっているのでしょうね。
結構な人がやっていると思うので、何かノウハウとかがあるのでしょうね。
でも、数年後にいったい皆さんどうしていることやら。
個人的には、マネーゲームのようで、まったくやりたいと思いません。

香港はプライベートで旅行に行くとしてもあまりエキサイティングな街ではないんですよね。
香港で遊ぶくらいな、東京で遊んだ方がよっぽど面白いですからね。

というわけで、今後、日本から香港へ行く旅行者というのは、どうなるのか?
そこまで増加するということもないのではないかと思っています。

◎年末年始の海外旅行
年末年始は日本に帰ろうと思っているので、格安航空券を用意しています。
特に年末年始は1年で一番激戦の期間なので「お買い得な航空券を見つけたら、すぐに購入」してしまうのが鉄則です。

お正月のハワイ旅行の料金は通常時の3~5倍ですよ。
年末の12月28、29、30日に出発するプランは特に高くなりますので、とにかくお得な航空券が空席だったら即予約しましょう!次に見たときは完売というパターンが非常に多いです。

年末年始のグアム旅行には、5日間69800円からという格安ツアーがあります。
日本から3時間半なので、お正月はハワイよりもグアムが良いかもしれませんね

他の中華系の国々では、お正月が少し違っていて、旧正月がお休みだったりしますよね。
香港に住んでいても、まだこの仕組をよく理解できていません。
[PR]

by dakarahk | 2011-09-16 01:09 | 日記

辛亥革命から100年

辛亥革命が100周年を迎えたことで、香港と九州で交流を深めていこうという動きが出ているみたいですね。
なぜ、辛亥革命で香港と九州が関係しているの?
っていうことは、一度整理しておいた方が良いかもしれません。

辛亥革命というのは1911年に起こった中国における革命で、代表的指導者の一人には、日本でも有名な孫文などがあげられます。
その孫文を当時、金銭面で支援していたというのが、九州人の実業家である梅屋庄吉さんだったのだそうです。
梅屋庄吉さんと孫文が出会ったのも香港ということですし、地理的にも非常に近いということもあり、経済的に、もっと交流していこうということになっているわけですね。

そもそも道州制などの考えでは、九州は中国に地理的に近いことから、独自に経済や人的な交流を深めていった方が効率的とされています。この動きは、まさに今後の道州制の土台にもなってくうるのではないでしょうか。

香港と言えば、世界の金融センターの一つでもあり、今後は、シンガポールと同じくらい発展していくと見られていますし、そこと交流を深めていくのは九州にとってプラスしかありえないと思います。

◆孫文
孫文に関しては「中国革命の父」とも呼ばれることもありますね。
ところが、最近の中国では、それほど多く名前を聞くことがありません。

よく聞くのは、やはり毛沢東や周恩来、そして鄧小平といった人物だと思います。

毛沢東は文化大革命を起こし、周恩来は日中国交正常化、そして鄧小平は、先富論といって近代中国の経済の礎を作りました。

そういった大きなテーマと合わせて、孫文さんの名前が出てくるかというと、そういった意味では登場回数が少ないのかもしれません。
[PR]

by dakarahk | 2011-09-03 11:57 | 日記