香港の失業率が下がった!いいね!

香港の2011年6月から8月の失業率が0.2%低下したようです。
これで香港の失業率は低水準になりました。
具体的な数値で言うと、雇用者数が5月から7月にかけて1万人以上増えたらしいです。

中国は現在、景気がいいようなので、香港の経済にも影響しているのでしょうね。
お金持ちが内地からやってくるので、高級な外食系のお店や販売系のお店が増えて雇用が拡大しているのでしょう。

香港には行ったことはないのですが、失業率の低下は素晴らしいと思いますね。
アメリカは、もう長く10%前後で苦しんでいますし、日本でも、表面化していないだけで、本当はもっと深刻な数値だと言われていますからね。

世界の経済は現在不安定なので、世界中で職を失う方、そもそも就職できない方が多いかと思います。
そんな中、香港のニュースが、世界に好影響をもたらしてくれたらいいですね。
まだ安定しているところがあるのは救いにも見えます。

ユーロの経済危機に、中国のバブル崩壊、日本国債のデフォルト。。
と世界的には大きな危機の可能性がくすぶっていますが、経済が安定して、みんなが笑って暮らせる時期が早くきてほしいものです。

◎ふと考えてみると思う、香港に対しての無知度が!
連想ゲームの中で、香港と言われて私がとっさに想像してしまうのは、カンフー映画、くらいなものです。
それ以外に何を知っているのかといわれたら、全く知りませんと答えるしかないほど無知です。

そこで香港旅行プランの例をあるサイトで見てみました。
どうやらグルメ面、ショッピング面も充実しているようです。(知らなかったあ)そして治安も良いみたいです。なんだかおすすめなのは尖沙咀(読み方がわかりません)。

ショッピング、グルメ、マッサージ、観光、すべてに満足できる香港観光の定番エリアなんだそうです。
料理はきっと中華料理だろうということくらいは私でも想像できますが、広東、北京、上海、四川という料理の種類は聞いたことがあるものの、香港料理というのは聞いたことがありません。

一体どんな感じなのでしょうか?
いずれにしてもこんなど素人の私なので、今後もっと情報を得ようかと思います。
行けるというプランを聞いたことがあります。

あとは風水が一般的に信じられているので、大きなビルの真ん中にポッカリと穴が空いていたりするそうですね。
これは龍脈と言って、龍の通り道を塞がないようにする工夫なんだそうです。
[PR]

by dakarahk | 2011-10-18 00:40 | 日記

東日本大震災の体験談が香港から出版

東日本大震災からもう半年になろうとしています。
この震災を体験した香港のとある女性の呼びかけから、香港で被災時の様子や復興に向けた動きまでの体験談が書籍として出版された、という記事がありました。

この書籍の印税収入は全額被災者支援の復興支援金とすると発表している、との事。
自身も被災者の立場でありながら、同じ被災者の為に活動できる彼女の心境に僕は正直驚かされました。

というのも、神戸の大震災の時、ボランティアとして食料の配給支援に参加した友人から聴かされた話がとても印象強く残っているからだと思います。

その友人が言うには、震災直後の神戸は、食料の配給場所に集まる人の中には感謝の言葉もなく食料をひったくるように持ち去って行く方もいたというのです。

もちろん僕自身、感謝される為にボランティアに参加したのではないだろう?と友人に前提はしつつも、内心はそれだけ災害というのは人を精神的にも悲惨な状況に追い込むものなのか、と相当ショックを受けていたからです。

しかし、今回の記事を見て、この女性からはそんな悲惨さよりも、むしろずっと意志の強い、生命力そのもののような感動を受けました。

震災の時その場にいて、今もその場で生きている人の声が、世界のメディアにより正確な情報として届き、各地から心ある援助が受けられますように。
あの神戸の頃のような悲惨な話を聞くことが、少しでも減っていってくれることを心から願いたいです。


こちらも香港に渡っていくそうです。

◎栃木米「なすひかり」、香港へ輸出。

栃木県産のお米「なすひかり」。
粘りと甘味があっておいしい、と国内でも人気が高まっています。

また、食品への高級志向が強い香港の富裕層向けに輸出もされており、現地では高級スーパーで販売され、日本食レストランでも使用されています。

しかし、原発事故による日本の食品への不安はここにも影響を及ぼしており、今年収穫されたものの契約量は12トン。昨年の30トンの半分にも満たない状況となりました。
こうした中、少しでも信頼を取り戻したいということから、生産地の高根沢町では輸出用米については全戸分を調査、結果を添えての輸出を行っています。

これはぜひ、国内向けのものにも適用していただきたいと思います。
食品への放射能の影響については、特に子どもを持つ家庭などから不安の声も大きく、これをクリアすることが今後の課題となります。

国からの明確な指針・説明が十分とはいえない中、厳しいかもしれませんが、やはり消費者のニーズを理解し、対応することが売れることに繋がるのではないでしょうか。
[PR]

by dakarahk | 2011-10-07 00:50 | 日記

香港からでも取引可能

一昔前なら、株式投資、外貨投資など取引するときは、わざわざ足を運んで銀行や会社に行ったり、電話で取引したり、意外と面倒だったようにも思いますが…。

便利な世の中になりましたよね。
インターネットが普及した今、インターネットでも取引できるようになったのです。
香港にいようがどこにいようが、関係なくなってしまったのです。

ただ、実際、インターネットで取引するのと、対面で取引するのは、どちらがいいのでしょうか?

FX業者は、百十数社あります。これらがそれぞれのサービスで競い合っています。

その中でも、やはり目をつけたいのが手数料。

FXは、他の外貨投資に比べ、手数料が安いので頻繁に取引する投資かも多いでしょう。

実はこの背景には、業者がコストを意識した経営を築いていることや、技術の発達などが理由としてあげられます。その代表となるのがインターネットです。

インターネットを利用することで、顧客の注文を市場に伝える基幹部分の面で余計なコストがかからず、最低限の費用で取引を運用することができるようになりました。

その一方で、対面取引を行っているFX業者も少なくありません。

対面取引とは、FX業者の担当者が、顧客と直接、会話によって注文を受けるということです。

担当者が顧客のところに出向くパターンもありますが、最近は電話でのやり取りが多いようです。

インターネット取引のほうが良い?
インターネットのFX取引は、基本的に投資の判断は、投資家自身が一人で行います。

それに対し、対面取引は、担当者が注文の取次ぎだけでなく、取引に関するアドバイスをしてくれることもあります。

取引に慣れていない人にとっては、対面取引のほうがいいのかもしれませんが、人(担当者)を通じて注文処理をするので、その分コストがかかってきてしまいます。

そのため、対面取引の手数料は、インターネット取引に比べて高く設定されています。

また、インターネット取引と対面取引の違いとして、インターネットは24時間取引可能ですが、対面は、夜中の注文は取り次いでくれないこともあります。

と言うことは、市場の大きな変化にも対応しにくく、チャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

今では、インターネットも対面も併用できるFX業者も多くあり、逆に、対面取引のみの業者は少ないようです。

低コストで、誰でも取引できるのは、24時間いつでもどこからでも取引可能なインターネットがお勧めです。
[PR]

by dakarahk | 2011-09-27 00:42 | 日記

香港への旅行者数

日本から香港への旅行者数は、毎月10万人以上なのですが、やはり3月の大震災の影響で、前年比2桁落ちしていたそうなのです。
ですが、夏になってようやくと減少幅が落ち着いてきています。
まだ、前年に比べて少ない状態とのことなので、余談は許しませんが、とりあえずは良かったのではないでしょうか。

香港というと、おそらく多くがビジネス目的ではないかと思います。
世界の金融街の一つですし、投資ファンドを香港で立ち上げる方も多いです。
ところで、香港で投資ファンドを立ち上げる人って、どうやっているのでしょうね。
結構な人がやっていると思うので、何かノウハウとかがあるのでしょうね。
でも、数年後にいったい皆さんどうしていることやら。
個人的には、マネーゲームのようで、まったくやりたいと思いません。

香港はプライベートで旅行に行くとしてもあまりエキサイティングな街ではないんですよね。
香港で遊ぶくらいな、東京で遊んだ方がよっぽど面白いですからね。

というわけで、今後、日本から香港へ行く旅行者というのは、どうなるのか?
そこまで増加するということもないのではないかと思っています。

◎年末年始の海外旅行
年末年始は日本に帰ろうと思っているので、格安航空券を用意しています。
特に年末年始は1年で一番激戦の期間なので「お買い得な航空券を見つけたら、すぐに購入」してしまうのが鉄則です。

お正月のハワイ旅行の料金は通常時の3~5倍ですよ。
年末の12月28、29、30日に出発するプランは特に高くなりますので、とにかくお得な航空券が空席だったら即予約しましょう!次に見たときは完売というパターンが非常に多いです。

年末年始のグアム旅行には、5日間69800円からという格安ツアーがあります。
日本から3時間半なので、お正月はハワイよりもグアムが良いかもしれませんね

他の中華系の国々では、お正月が少し違っていて、旧正月がお休みだったりしますよね。
香港に住んでいても、まだこの仕組をよく理解できていません。
[PR]

by dakarahk | 2011-09-16 01:09 | 日記

辛亥革命から100年

辛亥革命が100周年を迎えたことで、香港と九州で交流を深めていこうという動きが出ているみたいですね。
なぜ、辛亥革命で香港と九州が関係しているの?
っていうことは、一度整理しておいた方が良いかもしれません。

辛亥革命というのは1911年に起こった中国における革命で、代表的指導者の一人には、日本でも有名な孫文などがあげられます。
その孫文を当時、金銭面で支援していたというのが、九州人の実業家である梅屋庄吉さんだったのだそうです。
梅屋庄吉さんと孫文が出会ったのも香港ということですし、地理的にも非常に近いということもあり、経済的に、もっと交流していこうということになっているわけですね。

そもそも道州制などの考えでは、九州は中国に地理的に近いことから、独自に経済や人的な交流を深めていった方が効率的とされています。この動きは、まさに今後の道州制の土台にもなってくうるのではないでしょうか。

香港と言えば、世界の金融センターの一つでもあり、今後は、シンガポールと同じくらい発展していくと見られていますし、そこと交流を深めていくのは九州にとってプラスしかありえないと思います。

◆孫文
孫文に関しては「中国革命の父」とも呼ばれることもありますね。
ところが、最近の中国では、それほど多く名前を聞くことがありません。

よく聞くのは、やはり毛沢東や周恩来、そして鄧小平といった人物だと思います。

毛沢東は文化大革命を起こし、周恩来は日中国交正常化、そして鄧小平は、先富論といって近代中国の経済の礎を作りました。

そういった大きなテーマと合わせて、孫文さんの名前が出てくるかというと、そういった意味では登場回数が少ないのかもしれません。
[PR]

by dakarahk | 2011-09-03 11:57 | 日記

香港をあらためて整理

あらためて香港について整理してみたいと思います。
まず、どこの国か?というと中国なのですが、正式名称は「中華人民共和国香港特別行政区」と言って、特別行政地区という扱いなのですね。
おそらく、他の地域よりも分権化が進んでいるのでしょうね。人やモノが行き交うハブとしての役割もありますし、何をするにしても中央政府の判断を、いちいと委ねていたら、日本のように人も政治も遅い国家になってしまいます。

香港の人口は700万人。
思っていたよりも多いです。ヨーロッパの小国くらいはあります。
面積は東京の約半分くらいなんですよ。
それで、街並みはかなり栄えていて、東京と同じくらい近代的なんじゃないかと思います。
香港に始めてきた人で、アジアンテイストを求めてきた人は、だいたいが「思っていたより面白くなかった!」って言いますね。

なぜなら、都会だからです。
アジアンな雰囲気を求めるなら、タイやベトナム、インドネシアに行った方がはるかに面白いです。
というのも、今ではスッカリ金融街の装いも定着してきており、むしろ東京よりも、もっと都会的なのかもしれません。

歴史的には南京条約によって、イギリスの植民地になっていました。
1997年は、まだ記憶に新しいですが、いわゆる香港返還ですね。

昔の香港を知る人は、返還前の方が良かったという人もいるし、色々ですが、まだ行ったことない方は、ぜひ一度訪れてみませんか?

◆初めて行った時の感想
初めて香港に行った時は、タイ・香港のツアー旅行だったと思います。
最初にタイに行って、その後に香港に滞在するというものです。

ですが、タイって日本人にとっては面白い町なんですよね。
屋台などのショップで売られているモノも精巧ですし。

ところが香港は、やけに都会的な割には、屋台で売られているもののレベルが低いということもあって、面白さは感じませんでした。
[PR]

by dakarahk | 2011-08-11 02:06 | 日記