香港の失業率が下がった!いいね!

香港の2011年6月から8月の失業率が0.2%低下したようです。
これで香港の失業率は低水準になりました。
具体的な数値で言うと、雇用者数が5月から7月にかけて1万人以上増えたらしいです。

中国は現在、景気がいいようなので、香港の経済にも影響しているのでしょうね。
お金持ちが内地からやってくるので、高級な外食系のお店や販売系のお店が増えて雇用が拡大しているのでしょう。

香港には行ったことはないのですが、失業率の低下は素晴らしいと思いますね。
アメリカは、もう長く10%前後で苦しんでいますし、日本でも、表面化していないだけで、本当はもっと深刻な数値だと言われていますからね。

世界の経済は現在不安定なので、世界中で職を失う方、そもそも就職できない方が多いかと思います。
そんな中、香港のニュースが、世界に好影響をもたらしてくれたらいいですね。
まだ安定しているところがあるのは救いにも見えます。

ユーロの経済危機に、中国のバブル崩壊、日本国債のデフォルト。。
と世界的には大きな危機の可能性がくすぶっていますが、経済が安定して、みんなが笑って暮らせる時期が早くきてほしいものです。

◎ふと考えてみると思う、香港に対しての無知度が!
連想ゲームの中で、香港と言われて私がとっさに想像してしまうのは、カンフー映画、くらいなものです。
それ以外に何を知っているのかといわれたら、全く知りませんと答えるしかないほど無知です。

そこで香港旅行プランの例をあるサイトで見てみました。
どうやらグルメ面、ショッピング面も充実しているようです。(知らなかったあ)そして治安も良いみたいです。なんだかおすすめなのは尖沙咀(読み方がわかりません)。

ショッピング、グルメ、マッサージ、観光、すべてに満足できる香港観光の定番エリアなんだそうです。
料理はきっと中華料理だろうということくらいは私でも想像できますが、広東、北京、上海、四川という料理の種類は聞いたことがあるものの、香港料理というのは聞いたことがありません。

一体どんな感じなのでしょうか?
いずれにしてもこんなど素人の私なので、今後もっと情報を得ようかと思います。
行けるというプランを聞いたことがあります。

あとは風水が一般的に信じられているので、大きなビルの真ん中にポッカリと穴が空いていたりするそうですね。
これは龍脈と言って、龍の通り道を塞がないようにする工夫なんだそうです。
[PR]

by dakarahk | 2011-10-18 00:40 | 日記