バーチャル旅行をしてみるのもいいかも

一年を通じて旅行ができると言えば大型連休中くらいでしょうか?
普段の土日でももちろん可能ではあるのですが、十分な時間がとれないことと、次の日から会社という状況になるといまいち楽しめない。

そんなことからある程度の期間をもって旅行はしたいものです。
でも気分的にはちょこちょこと旅行をしてみたいものです。

そんな場合にはバーチャル的に旅行をしてみるのはどうでしょうか?
最近ではグーグルで世界中の地図上を歩き回ることができますから、特に海外などに仮想的に足を運ぶことは可能だと思います。

いろんなところに、まずバーチャルで行ってみる。
そしてそこで得た情報をもう少し詳しくサイトで調査してゆく。

そんなことをしているとなんだか旅行をしている気分になってきます。
そして仮想で行ってみたところに実際に旅行をする時のための計画もたててしまえるかもしれません。

インターネットが気軽に利用できるようになってから、こんな楽しみかたも可能になりました。

◎タイの洪水によってトヨタにもダメージが
タイで起こった多くの会社や家などが洪水によって水没した自然災害の影響で、日本メーカーにも多くの影響が出ています。

トヨタもその影響が大きく出ており、タイ工場が生産できない影響が他の場所で出ているようです。
タイ工場で生産している部品が作れない為、インドネシア、フィリピン、ベトナムの工場は減産をすると発表されています。

洪水の影響で多くのメーカーが被害を出している中、自動車メーカーは厳しいところがありそうですね。
自動車メーカーは部品の多くを海外で作っている場所が多いですし、一箇所でも止まってしまうと遅れが大きくなる会社も多いでしょう。

タイ以外でも洪水被害が出る可能性のある場所もあるので、そちらの工場も動かせないのも厳しいですね。
トヨタ以外でも、ホンダや三菱自動車も生産停止されている工場が何箇所かあるみたいです。

この被害で会社へ出るダメージはかなり大きく、今後どうなっていくのか少し心配です。
洪水被害が収まって、すぐに工場などが稼動できればいいのですが、どうなっていくんでしょうね。

これを機に、世界展開している工場の配置にも見直しが必要と感じます。
インターネットのように、どこかひとつの地域がダメになっても、世界中のネットが止まらないようにするリスク分散の考えが必要ということは、当たり前のことですが、できていないことが表面化された出来事でした。
[PR]

# by dakarahk | 2012-08-07 08:09 | 海外

香港DLで中国富豪大暴れ!?

昔、香港にディズニーランドができる時、東京ディズニーランドにお客さんが奪われるのでは言われていましたが、実際、ディズニーは日本人が1番のお客さんだったようです。

なにせ、本家アメリカでは日本ほど大人気という訳ではありませんし、パリなんかもあまり人気は無いようです。

これは特に日本人がアメリカなど欧米の文化を好んでいる事、ディズニーの徹底したサービスを評価している点など、ディズニーそのものが好きであるということもあると思いますが、私が思う1番の理由は「東京DL]の東京の部分にあると思います。

やはり日本人にとって東京にいくこともあこがれの1種。
そこにいき、ディズニーにいくということに更に意味を感じるのではないでしょうか。

本当は千葉県にあるにも関わらず。

香港の人もイギリス統治が長かっただけに欧米文化を抵抗無く受け入れることには慣れていると思います。きっと、香港は中国人にとってもある種憧れのある土地だと思います。
これからは中国富豪が夢の国で大暴れするかもしれません。 

◎香港ディズニーランドは開園5周年

ディズニーランド好きの私でも香港にディズニーランドがあるとは知りませんでした。
ホームページを見てみましたが、日本のものとはまた違った内容でおもしろかったです。
日本人向けのページになっていて非常に見やすくなっていました。

きっと香港ならではのイベントもたくさん用意されているのでしょう!
香港でのディズニーの存在の位置づけというのは私にはまったく想像がつきませんが、日本と同じくらい有名で誰もが知っているのでしょうか?

私が今回確認できたのはディズニーランドだけでしたが、日本でいうところのディズニーシーというのは見つけることはできませんでした。
これはまだ存在しないのかもしれませんが、なんだか時間の問題のような気がします。

思い返せば昔は東京ディズニーランドに結構中国から来ている方々を見かけていた気がしますが、今はそんなに見なくなりました。
確かに近いところにあればわざわざ日本にまで来る必要はありませんよね!

でも、私も一度香港のディズニーランドに行ってみたい気がします。
日本のものとはきっと違う雰囲気で香港ならではの楽しさがあるような気がしてなりません。
[PR]

# by dakarahk | 2012-06-27 06:47 | 人生

ビクトリア港を泳いで渡るレースが開催

香港のビクトリア港を泳いで渡るレースが、33年ぶりに行われたようですね。

このレースは海水汚染などの理由で33年間も行われていなかったようなのですが、10年ほど前から行われていた水質浄化作戦のおかげでまた開催する運びとなったそうです。

レース距離は1.9kmの距離を20分34秒で泳ぎきった方が優勝されたそうで、水はきれいになっていたとコメントされたそうです。
香港では昔このようなレースがあったんですね。

今回33年ぶりに行われることになりましたが、前回大会で出場された方もいたのでしょうか?
さすがに年齢の問題で出場は難しいのかもしれませんね。

とは言え、もし20歳だったとしたら、今53歳ですから、普段から運動を続けている人であれば、いけちゃいますよね。

今回行われたレースは1.9キロもの距離を泳ぎきるもので、多くのリタイアしてしまった人もいらっしゃるんでしょうねー。
ですが、レースが開催されたおかげで10年前から行われていた水質浄化作戦は無駄ではなかったと証明できたのはよかったですね。
私はそんなに泳げないので参加はできそうにないですが、香港へ行く事があれば見てみたいレースですね。

◎伝統の遠泳大会
香港にて、伝統の遠泳大会が開催されました。
これは、九龍半島と香港島を隔てるビクトリアハーバーを横断する遠泳大会で、1906年に始まったもの。

しかしながら、1978年、水質汚染の問題や、水上交通の増加、などが理由で中止されてからしばらくは開催されずにいました。

今回、再開にいたったのは、ビクトリアハーバーの水質が改善されたから、だそうです。ただし、それは主催者側の見解であり、ある環境保護団体によると、大腸菌など有害な細菌はまだまだ多く含まれているとの指摘がありました。

ただ、そのような指摘があったにも関わらず参加希望者は後を絶たなかったそうで、約500人へ断りを入れなければならなかったそう。

待ち望んでいた人もたくさんいたわけですね。
大いに盛り上がりを見せた今回の大会。

何かと環境汚染が問題になっている中国としては、水質改善をアピールする目的もあったのではないかと邪推しています。
引き続き来年も開催となるか、興味があります。
[PR]

# by dakarahk | 2012-02-08 15:58 | 人生

マクドナルドで結婚式ができる!?

香港のマクドナルドでは、何と結婚式を行うことができるそうですよ。

しかも、2種類のテーマの結婚式から選ぶことができて、
・ロマンティック・ウェディング
・マクドナルドキャラクター・ウェディング
があるそうです。
司会者はマクドナルド側が用意してくれ、招待客数は50人からとなっています。

マック好きな方は、キャラ総登場の方が良いと思うのですが、これってディズニーランドをイメージしているんでしょうかね。
でも、ドナルドにミッキーマウスほどのパワーやカリスマ制があると言われたら微妙なので、これは結構「う~ん」な感じかもしれませんね。

面白い発想なんですがどうなんでしょうね・・。
普通の結婚式では物足りない!と思う方達が行われるんでしょうか?
ウェディングケーキがウェディングバーガーになるんじゃって思っちゃいますね。

結婚式は普通のホテルなどで挙げたいと思いますが、実際にやる人がいるから、恐らくこのようなサービスがあるんでしょうね。
他人の結婚式を見る立場では面白いとは思いますが、自分ではあまり挙げてみたくないと思えますね。

変わったものをお望みの方は、このような場所で挙げてみるのも面白いかもしれません。

◎ジャッキー・チェンの100作目出演作
あのジャッキー・チェンが出演した作品が今回で100作目となりました。
その100作目となった映画『1911』の記者会見が、香港にある『ハーバーグラウンド香港』にて行われました。

ジャッキー・チェンさんは言わずと知れた世界的に有名なアクションスターで、スタントに道具を使わないなどの伝説を持つ方ですね。
昔はハリウッドからも、頻繁に声をかけられていましたからね。

日本でも放映された映画は多く『シティーハンター』『ラッシュアワー』『タキシード』『新少林寺』などの作品がありますね。
声の出演でも『カンフー・パンダの1と2』に出ており、私も出演されている映画をたくさん見たことがありますね。

スタントを使わずに演技をして「本当にこれ大丈夫か?」なんて思わされる場面も多くありました。
出演100回目の作品1911は2011年の11月5日から全国公開される予定で、その会見にジャッキーさんが登場していらっしゃいたというわけですね。

第24回東京国際映画祭においても、特別オープニング作品として上映されることが決定しています。
ジャッキーさんはこの映画祭の時にも来日する予定で「皆さん、映画を応援してください。また日本でね」とメッセージも残されています。

そういえば、昔、香港にツアー旅行に行った時に、そのプランの中の一つが、ジャッキーの家を遠くから眺める。みたいなものだったのをよく覚えています。
本当に遠くだったので、どれくらいの大きさかは具体的にはわかりまんでしたが、まぁ豪邸だったのは間違いなしです。
[PR]

# by dakarahk | 2012-01-25 10:01 | 海外

香港のマンション暮らしにルンバ!

香港では、マンションとかアマートメントに住んでいる人が多いのですが、ルンバを使っている人もそこそこいますね。
私は自分で掃除機をかける派でしたが、友達が「どうしても」とお勧めしてくるので、仕方がなく購入して使ってみたところ、これが、ナカナカ賢い。
なかなかどころじゃないですね。非常に便利で使えますよ。

私は疑り深い性格なんで、友達に勧められてからも、自分で購入前に調査しました。
その時はルンバ比較まとめにある動画が非常に役立ちました。
掃除機なので、音とか部屋の角とか、本当にゴミを吸い取ってくれるの?
という疑問を感じるところだと思いますが、そういうのは静止画像では怪しいので、動画の方がとても参考になりました。

まだ使い始めて半年くらいなので、充電も弱っていないので快適ですよ。
1年半くらい使っている人は、少し稼働時間が弱くなってきたなんて、言っていますけどね。
私の場合、電池が強化された700シリーズを買ったので、その分強くなっている点も影響しているのかもしれません。

不思議なもので、友達に半無理矢理買わされた私が、今度は宣伝部長のように、友達にお勧めしています笑

◎東芝製?
最近、他社がルンバのパクリ商品を出してきているようですよね。
というか、もっと早く作れたはずなのですが、日本メーカーは、お掃除ロボットが自動で動いている時に、何かモノが落ちて、事故が起こったら良くない。という理由で、これまで敬遠してきたみたいですよ。

でも、先にアイロボット社がルンバを成功させて、しかも日本の国民からも支持されている。
というのを確認してから、二番煎じ的に、市場に参入してきたようです。
なんてクズみたいなやつらでしょうね。

大体、そういうのは、昔から二流メーカーが使ってきた手法であって、例えばパソコン関連商品などでは、一般的に見られてきたと思います。
それを東芝のような、自分たちは一流メーカーだと思っている奴らが恥じも覚えずにやっているところが腹立つというものです。

まぁ原発だけは、期待している人もいるようですが、遅かれ早かれ、シャープやサンヨーのようになっていくと思います。
[PR]

# by dakarahk | 2012-01-15 15:53 | 人生

日本から香港へ行く人が徐々に増えている!

日本から香港へ旅行などで行く方の人数が徐々に増えているようです。
2011年7月の旅行者数は2010年7月の3.4%減なのですが、3月の震災以降に減っていた分が、かなり戻ってきてはいるようです。
日本は3月に東日本大震災という大きな震災があり、心理的な閉塞感や放射能の問題により、海外に旅行に行くことなどが厳しくなっていました。

そんな中4ヶ月立った7月にはかなり減っていた旅行者数が増えてきたようで、日本が回復に向かっている証拠なのかもしれないですね。少し嬉しくなります。

今はまだ震災の影響が大きいですが、旅行などは心が休まり楽しめますから、本当は積極的に行きたいものですよね。

私は国外に出たことがないのですが、やはり外の国には興味があります。
新たな発見やその国の文化、どんな物を食べているかなど本当に興味がつきません。

その国特有の食べ物も多いですし、歴史なども学校で習った以外の事もたくさん学べるのでしょうね。
物事を知る事は私はとても楽しい事だと思っているので、新たな知識を得られる海外旅行はとても楽しそうですね。

海外に行く方は是非とも色々な物を食べて、その国の文化に触れて楽しんでほしいですね。

◎香港のアロマテラピスト

今日は香港でアロマテラピーのお店を開いているテラピストさんとお話して、色々と聞いてきちゃいました。
その時の会話のメモを残しておきたいと思います。

ちょっと心が乱れた時は、柑橘系の精油を2~3種類組み合わせます。
芳香浴や吸入で行います。

吸入の場合はティッシュやハンカチに精油を全部で2~4滴落とし、
鼻からゆっくり数回呼吸します。
芳香浴の場合も精油の滴数は2~4滴で行ってください。

落ち込みやうつ状態
集中力を高める精油や元気にしてくれる精油を組み合わせます。
吸入の場合はティッシュやハンカチに精油を全部で2~4滴落とし、
鼻からゆっくり数回呼吸します。

入浴や吸入や芳香浴で行ってください。
全部の精油の滴数は2~4滴です。

不眠症のとき
寝つきが悪かったり夜中に何度も眼が覚める状態が続くと、
不眠症と考えられます。

この状態が続くときのレシピとして、
鎮静作用の強い精油を使います。

アロマバスや吸入や芳香浴などで行います。
吸入の場合はティッシュやハンカチに精油を落とし、
枕元において香りを嗅ぎながら眠ります。
精油の滴数は全部で2~4滴です。

心のトラブルなどは柑橘系の精油や、
ラベンダーやゼラニウムなどの鎮静作用の高い精油を組み合わせたり、
使用したりして行いましょう。
[PR]

# by dakarahk | 2012-01-01 07:00 | 人生

香港の失業率が下がった!いいね!

香港の2011年6月から8月の失業率が0.2%低下したようです。
これで香港の失業率は低水準になりました。
具体的な数値で言うと、雇用者数が5月から7月にかけて1万人以上増えたらしいです。

中国は現在、景気がいいようなので、香港の経済にも影響しているのでしょうね。
お金持ちが内地からやってくるので、高級な外食系のお店や販売系のお店が増えて雇用が拡大しているのでしょう。

香港には行ったことはないのですが、失業率の低下は素晴らしいと思いますね。
アメリカは、もう長く10%前後で苦しんでいますし、日本でも、表面化していないだけで、本当はもっと深刻な数値だと言われていますからね。

世界の経済は現在不安定なので、世界中で職を失う方、そもそも就職できない方が多いかと思います。
そんな中、香港のニュースが、世界に好影響をもたらしてくれたらいいですね。
まだ安定しているところがあるのは救いにも見えます。

ユーロの経済危機に、中国のバブル崩壊、日本国債のデフォルト。。
と世界的には大きな危機の可能性がくすぶっていますが、経済が安定して、みんなが笑って暮らせる時期が早くきてほしいものです。

◎ふと考えてみると思う、香港に対しての無知度が!
連想ゲームの中で、香港と言われて私がとっさに想像してしまうのは、カンフー映画、くらいなものです。
それ以外に何を知っているのかといわれたら、全く知りませんと答えるしかないほど無知です。

そこで香港旅行プランの例をあるサイトで見てみました。
どうやらグルメ面、ショッピング面も充実しているようです。(知らなかったあ)そして治安も良いみたいです。なんだかおすすめなのは尖沙咀(読み方がわかりません)。

ショッピング、グルメ、マッサージ、観光、すべてに満足できる香港観光の定番エリアなんだそうです。
料理はきっと中華料理だろうということくらいは私でも想像できますが、広東、北京、上海、四川という料理の種類は聞いたことがあるものの、香港料理というのは聞いたことがありません。

一体どんな感じなのでしょうか?
いずれにしてもこんなど素人の私なので、今後もっと情報を得ようかと思います。
行けるというプランを聞いたことがあります。

あとは風水が一般的に信じられているので、大きなビルの真ん中にポッカリと穴が空いていたりするそうですね。
これは龍脈と言って、龍の通り道を塞がないようにする工夫なんだそうです。
[PR]

# by dakarahk | 2011-10-18 00:40 | 日記

東日本大震災の体験談が香港から出版

東日本大震災からもう半年になろうとしています。
この震災を体験した香港のとある女性の呼びかけから、香港で被災時の様子や復興に向けた動きまでの体験談が書籍として出版された、という記事がありました。

この書籍の印税収入は全額被災者支援の復興支援金とすると発表している、との事。
自身も被災者の立場でありながら、同じ被災者の為に活動できる彼女の心境に僕は正直驚かされました。

というのも、神戸の大震災の時、ボランティアとして食料の配給支援に参加した友人から聴かされた話がとても印象強く残っているからだと思います。

その友人が言うには、震災直後の神戸は、食料の配給場所に集まる人の中には感謝の言葉もなく食料をひったくるように持ち去って行く方もいたというのです。

もちろん僕自身、感謝される為にボランティアに参加したのではないだろう?と友人に前提はしつつも、内心はそれだけ災害というのは人を精神的にも悲惨な状況に追い込むものなのか、と相当ショックを受けていたからです。

しかし、今回の記事を見て、この女性からはそんな悲惨さよりも、むしろずっと意志の強い、生命力そのもののような感動を受けました。

震災の時その場にいて、今もその場で生きている人の声が、世界のメディアにより正確な情報として届き、各地から心ある援助が受けられますように。
あの神戸の頃のような悲惨な話を聞くことが、少しでも減っていってくれることを心から願いたいです。


こちらも香港に渡っていくそうです。

◎栃木米「なすひかり」、香港へ輸出。

栃木県産のお米「なすひかり」。
粘りと甘味があっておいしい、と国内でも人気が高まっています。

また、食品への高級志向が強い香港の富裕層向けに輸出もされており、現地では高級スーパーで販売され、日本食レストランでも使用されています。

しかし、原発事故による日本の食品への不安はここにも影響を及ぼしており、今年収穫されたものの契約量は12トン。昨年の30トンの半分にも満たない状況となりました。
こうした中、少しでも信頼を取り戻したいということから、生産地の高根沢町では輸出用米については全戸分を調査、結果を添えての輸出を行っています。

これはぜひ、国内向けのものにも適用していただきたいと思います。
食品への放射能の影響については、特に子どもを持つ家庭などから不安の声も大きく、これをクリアすることが今後の課題となります。

国からの明確な指針・説明が十分とはいえない中、厳しいかもしれませんが、やはり消費者のニーズを理解し、対応することが売れることに繋がるのではないでしょうか。
[PR]

# by dakarahk | 2011-10-07 00:50 | 日記

香港からでも取引可能

一昔前なら、株式投資、外貨投資など取引するときは、わざわざ足を運んで銀行や会社に行ったり、電話で取引したり、意外と面倒だったようにも思いますが…。

便利な世の中になりましたよね。
インターネットが普及した今、インターネットでも取引できるようになったのです。
香港にいようがどこにいようが、関係なくなってしまったのです。

ただ、実際、インターネットで取引するのと、対面で取引するのは、どちらがいいのでしょうか?

FX業者は、百十数社あります。これらがそれぞれのサービスで競い合っています。

その中でも、やはり目をつけたいのが手数料。

FXは、他の外貨投資に比べ、手数料が安いので頻繁に取引する投資かも多いでしょう。

実はこの背景には、業者がコストを意識した経営を築いていることや、技術の発達などが理由としてあげられます。その代表となるのがインターネットです。

インターネットを利用することで、顧客の注文を市場に伝える基幹部分の面で余計なコストがかからず、最低限の費用で取引を運用することができるようになりました。

その一方で、対面取引を行っているFX業者も少なくありません。

対面取引とは、FX業者の担当者が、顧客と直接、会話によって注文を受けるということです。

担当者が顧客のところに出向くパターンもありますが、最近は電話でのやり取りが多いようです。

インターネット取引のほうが良い?
インターネットのFX取引は、基本的に投資の判断は、投資家自身が一人で行います。

それに対し、対面取引は、担当者が注文の取次ぎだけでなく、取引に関するアドバイスをしてくれることもあります。

取引に慣れていない人にとっては、対面取引のほうがいいのかもしれませんが、人(担当者)を通じて注文処理をするので、その分コストがかかってきてしまいます。

そのため、対面取引の手数料は、インターネット取引に比べて高く設定されています。

また、インターネット取引と対面取引の違いとして、インターネットは24時間取引可能ですが、対面は、夜中の注文は取り次いでくれないこともあります。

と言うことは、市場の大きな変化にも対応しにくく、チャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

今では、インターネットも対面も併用できるFX業者も多くあり、逆に、対面取引のみの業者は少ないようです。

低コストで、誰でも取引できるのは、24時間いつでもどこからでも取引可能なインターネットがお勧めです。
[PR]

# by dakarahk | 2011-09-27 00:42 | 日記

香港への旅行者数

日本から香港への旅行者数は、毎月10万人以上なのですが、やはり3月の大震災の影響で、前年比2桁落ちしていたそうなのです。
ですが、夏になってようやくと減少幅が落ち着いてきています。
まだ、前年に比べて少ない状態とのことなので、余談は許しませんが、とりあえずは良かったのではないでしょうか。

香港というと、おそらく多くがビジネス目的ではないかと思います。
世界の金融街の一つですし、投資ファンドを香港で立ち上げる方も多いです。
ところで、香港で投資ファンドを立ち上げる人って、どうやっているのでしょうね。
結構な人がやっていると思うので、何かノウハウとかがあるのでしょうね。
でも、数年後にいったい皆さんどうしていることやら。
個人的には、マネーゲームのようで、まったくやりたいと思いません。

香港はプライベートで旅行に行くとしてもあまりエキサイティングな街ではないんですよね。
香港で遊ぶくらいな、東京で遊んだ方がよっぽど面白いですからね。

というわけで、今後、日本から香港へ行く旅行者というのは、どうなるのか?
そこまで増加するということもないのではないかと思っています。

◎年末年始の海外旅行
年末年始は日本に帰ろうと思っているので、格安航空券を用意しています。
特に年末年始は1年で一番激戦の期間なので「お買い得な航空券を見つけたら、すぐに購入」してしまうのが鉄則です。

お正月のハワイ旅行の料金は通常時の3~5倍ですよ。
年末の12月28、29、30日に出発するプランは特に高くなりますので、とにかくお得な航空券が空席だったら即予約しましょう!次に見たときは完売というパターンが非常に多いです。

年末年始のグアム旅行には、5日間69800円からという格安ツアーがあります。
日本から3時間半なので、お正月はハワイよりもグアムが良いかもしれませんね

他の中華系の国々では、お正月が少し違っていて、旧正月がお休みだったりしますよね。
香港に住んでいても、まだこの仕組をよく理解できていません。
[PR]

# by dakarahk | 2011-09-16 01:09 | 日記